小さなお悩み相談室

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなお悩み相談室

小さなお悩み相談室、ついに開設しました!

頼ることができない人

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜どうもtisana(ティサーナ)です゚・*:.。..。.:*・゜

続けて更新しているtisanaです。

以前の記事を再編集しているので

さほど内容は変わりませんが

 

初めてこのブログにいらっしゃった方は

ぜひ最初からご覧ください



…まぁ私の話はこのくらいにして。



今日は「頼れない人」や「甘えることができない」人向けに記事を書いていきたいと思います。

できないだけではなく、苦手な人も要チェック

 

 

まずは皆様に質問

 




皆様は人に何かを頼れますか?


私は「NO」です。

いや…答え方が違うかな。

「甘え方や頼り方を忘れてしまった」

これがちゃんとした答え方ですね。



どうしてこのような答え方なのか


それは赤ちゃんの頃から今までだからです。



だって、赤ちゃんは生まれてすぐなので絶対誰かを頼っているでしょう?

おなかがすいた、おむつを替えてほしい、寝れない…など


育てる側が赤ちゃんの泣き声で何をしてほしいか
察してきたと思います。



それがいつしか、何かをきっかけにできなくなった…
そういう意味で「忘れてしまった」と私は言い直しました。



私もそうですが友人もつい最近、
この悩みを私に打ち明けてくれました。


対面で話すと思っていることがうまくまとまらない私は
頼らなくていい
なんて言ってしまいました。



これは間違った答えです。

誰しも自分一人では何でもできません。

…できてしまう人がいたらすごいとしか言いようがないですが
そこは置いといて…


極端な話。

皆様はご飯を食べますよね?

でもそのご飯の中身、全部自分で作ってはいないですよね?
何かしらは誰かによって作られたものですよね?

そうだとするならば、頼っている…ということになります。


それを聞いて追い詰められてしまった方はごめんなさい。

私はここで人に頼らないと生きていけないってことを言いたかったんです。



ではどうやって頼ることを思い出すか。



それは

「訓練する」

これしかないかなと現時点では考えています。


私の体験になりますが、


高校3年の秋にそれを実感しました。


文化祭の模擬店を私と後輩2人で任されたことがありました。

(つらかったなぁ、無謀だったなぁ)

(…結局はほかのグループに吸収されて違うことをやりましたがw)

そのとき、やはり後輩目の前にしていたので

先輩の私がしっかりしなきゃと気を張って

後輩に頼らずにほぼ一人で行っていました。


また、次の年の春の卒業式に向けて活動した委員でも

最初は同級生でもある仲間を頼らずにほぼ一人で活動していました。

この2つのパターン、最終的にはどうなったか

…体調を崩しました。



どちらも一人で背負い込んで家に帰ってもいろいろやっていました。


体調を崩して学校を休んだ私は、仕方なくゆっくり休むことに専念しましたが

この時、残された後輩や同級生たちはどうなったか。


案の定パニックですよねww

まだ高校は先生を通して行うので先生に聞けばなんとかなります。

しかし、それが社会に出たときだったら…?

電話が何度も鳴ってそれはそれは大変。どちらも気が休まりません。



先生や仲間みんなに叱られました。
「もっと頼って!」と。


でも私はできませんでした。
「どうやって頼るのかを忘れてしまった」から。



これは危険だ…そう思った私はネットの力を借りました。
人に言ったら悲しいことだと思ったので相談できませんでした。


結局、きちんとした答えは出なかった。



でも、ある考えがひらめきました。


「悩んでないでやってみよう」
「頼るんじゃなくて役割分担だ」

そう、頼ることを「役割分担」と言い換えました

そしてある一定のところまで任せて

管理するというポジションにたどり着きました。


…今では同じことにしか思えませんでしたが

あのときはこれで解決できると思ったのです。
(あくまで私の考えです)


最初はほぼパシリのように仲間を使いました。

しかし、やっぱり自分は完ぺきではないので
センスなどは仲間の方が上でした。


なので、教室のレイアウトなどを仲間に頼んでみました。

ある意味、投げやりでした。
私より~ちゃんの方がセンスいいからこれやってほしいと。

仲間は喜んで引き受けてくれ、とてもいいレイアウトを作ってもらえました。



最初は投げやりでも何でもいいんです。

とにかく誰かに託せれば。

そこで成功すればいいんです。


人は成功体験を糧に前に進みますからね。



こうして私は少しずつ頼ることを頑張っています。



訓練の仕方が分からない、この場合はどうしたらいいのか

そんなことがあったらいつでも言ってください。

(言えないから困ってるんだよなんて思っている方は怒りをぶつけてください)


私なりの考えを発信していきたいと思います。

 



本日のまとめ



①どんな意味でもいいのでとりあえず人に何かを託してみる


②託したものが成功したことを「自分が頼れたからできたこと」と思ってみる


③ ①と②を繰り返し訓練する

(②の説明については気分を害してしまう方がいらっしゃると思ったので
あえて触れませんでした。言葉の意味そのままです。)


以上、tisanaでした!読んでくださりありがとうございました!