小さなお悩み相談室

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなお悩み相談室

小さなお悩み相談室、ついに開設しました!

tisanaの悩み

どうも!tisanaです!

お久しぶりです!!!

 

ちょっと更新期間が空いてしまいました…

それにはちょっとわけがあって更新ができませんでした。

 

本日のお題は「tisanaの悩み」です。

 

 

実は、このブログを立ち上げる際、

皆様に紹介したのとは別にもう一つ

ありました。

 

それは

「自分のような子供を増やしてはいけない」

です。

 

私は以前からお話ししている通り、小中高と普通とは違った生活をしてきました。

苦しくつらい人生です。

 

そんな似たような人生をほかの人々に歩ませないように

私は心理カウンセラーを目指し

このブログは心理カウンセラーへの一歩でした。

 

しかし!

 

この更新が止まった期間、私は思い始めました。

 

心理カウンセラーとしてこの状況を食い止めるよりも

教師になって、生徒を間近で見守っていたほうが

食い止めやすいのではないか

 

…つまり、私のような人間を増やさないために

教師という立場で見守ったほうがいいのではないかと思ったんです。

 

…となると

 

このブログの本当の目的を失ってしまうことになるんです。

 

…もちろん、教師の資格と心理カウンセラーの資格を

両立させることも考えました。

…しかし。足りなかった…

というのも、大学院へ行くことが親の負担になってしまうからです。

 

それが親の使命だとしても

今まで普通の人以上にお金がかかる生活をしてきたので

もう迷惑をかけられないと思ったんです。

 

では、自分でお金を貯めて目指すのは?

…これも考えました。

自分で払えば負担はかからない。通信制もありますし。

 

でも私は教職一本に絞ることにしました。

 

なぜか

 

…どちらか一方がおろそかになってしまえば

資格を取った意味がなくなるからです。

 

二兎追うものは一兎も得ず

 

教師として勉強を教えながら

心理カウンセラーとして生徒の対処もできる

これは生徒にとって最も安心できるものです。

 

しかし。資格を取ったからと言って

本当に適切な対処がその場でできるか

 

…こうなると、あえて教職一本にして

ちょこっと心理学を学ぶほうが

生徒の相談にも気軽に答えられるんじゃないかと思ったんです。

 

 

ではやっと本題

 

「このブログをどうするか」

 

この問題については読者のあなたから

直々に意見がほしいです。

 

自分の都合で始めたブログでも

あなたという読者様がいる。

 

そしてその読者様を無視することはできません。

 

なので、今この記事を読んでいるあなたにお伺いします。

 

「このブログ、正直言って必要ですか?」

 

…どんな些細な意見でも構いません。

あなたの声が聴きたいです。

 

ブログを続けることになっても負担にはなりませんし

やめることになっても悔いはありません。

 

4月いっぱいまでお休みして

あなたの声をお待ちしています。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!