小さなお悩み相談室

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなお悩み相談室

小さなお悩み相談室、ついに開設しました!

親が敷いたレールを歩くのか①

暮らし 悩み相談

━─━─━─[どうも!tisanaです!]━─━─━─━

 

試験勉強を放り出して記事を書いているtisanaですw

 

皆様はきっとそんなことしてませんよね?

真面目に勉強してますよね?w

 

…え?そもそも試験じゃない?

 

…うらやましい…!!!!!

 

 

本日のお題は…?

 

 

今日は

「親が敷いたレールを歩くのか」

という記事です。

 

皆様はドラマやなんかで

こういったセリフを聞いたことがありますか?

 

『俺は親父が敷いたレールを歩きたくないんだよ!!!』

 

…こういうセリフって多くはお金持ちに多いですよね…

なんてことは置いといてw

 

親が敷いたレール…

これは悪いものなのかいいものなのか…

 

また、この親が敷いたレールをどう向き合うかで

これからの人生が決まってくると思います。

 

 

今回はそんな将来との向き合い方を書いていきたいと思います。

 

 

親が敷いたレールってなあに??

 

さて皆様。私がさっきから話している

親が敷いたレールって何だと思いますか?

 

…まさか親が線路を敷いてそこを電車が走る…

なんて想像はしてないですよね!?

 

違いますよ!?

 

私がここで話している

「親が敷いたレール」とは

自分の道をあらかじめ親が決め、その順番や方向通りに進ませること

 

…すなわち

自分の考えなしに親に自分の将来を決められてしまっている

こんな状態を話しています。

 

 

わーすごい(棒読み)

親が勝手に決めていくことなんてあるんだー(棒読み)

なんて思っている方は今回の記事での収穫は少ないかと思います。

 

ここで

あれ?まさか今の俺(私)って…

なんて思った方はこの先を見ることで考え方が変わるかもしれません。

 

では、詳しく書いていきます。

 

 

 すでに決められている将来

 

皆様は将来、何になりたいですか?

宇宙飛行士?消防士?先生?

(あえて夢を膨らませた例しか書きませんw)

 

私は…秘密ですw

(心理カウンセラーです)

 

でも、心に秘めた夢があるのに

ある日、両親に

「あなたはお父さんの跡を継いで~になるのよ」

「お前は将来、安定した職に就職しなさい」

なんて言われてしまったとしまいます。

 

それをどう感じますか?

 

なんで親に決められなくちゃいけないんだよ!

と怒る人もいれば

うん、そうだな。苦労しないようにいい大学に入って

安定した職に就くか

と考える人もいると思います。

 

この「反抗」「妥協」の選択肢によって

あなたの将来との向き合い方がわかります

(勝手な決めつけになる可能性もあります)

 

 

ケース1「どうして親なんかに決められなくちゃいけないんだよ!」

 

こう考えたあなた。

それは奥底にこんな考えがあるのではないですか?

 

とりあえず言われたことはやってきた。

でも将来くらいは自分で決めたい

 

今まで親に頼らずに何事もすべてこなしてきた。

なのに今になってどうして親に決められなくちゃいけないんだよ!

 

いやだ。俺(私)は~になりたい。

これだけはどうしても譲りたくない…!

 

などなど

たくさんの想いが詰まった反抗だと思います。

 そして、

あなたはあなた自身の考え(芯)を

きちんと持っている性格だと思います。

 

 

ではここで聞きます。

どうしてあなたのご両親は

あなたの人生に口出ししたのだと思いますか?

 

私は

あなたの人生が心配だから

口出ししたのだと思います。

 

親って不思議で

いつまでも子供を小さなころのように扱ってしまう性分なんですw

なのであなたの考えていること

打ち明けてみてはいかがですか?

 

たとえそれが安定した職だとしても

この資格を取っておいたほうがいいと背中を押してくれること

いや、この職はやめておけと反対されること

きっとあると思います。

 

でも、話すことで自分が将来についてどう考えているのか

これが見えてくると思います。

 

今、中学生の方でも高校生の方でも

将来を考えるのに早いはありません。

深く考えてみてください。

 

また、それが自分の職に適しているかどうかも確認しておいてください

 

自分で自分の道を決めるも

両親の考えをもって考え直すのも

あなたの考えで決めたことです。

 

自信をもって将来に突き進んでください!!

 

次回に続きます

 

長く書きすぎましたw

続きは次回にて!!

読んでくださりありがとうございました!