小さなお悩み相談室

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなお悩み相談室

小さなお悩み相談室、ついに開設しました!

自分に素直になって他人を理解しよう!

 

(`・д・)ノ*:..。o○☆ どうも!tisanaです! ☆○o。..:*ヽ(・д・´)

 

今日はセンター試験ですね!

理数系の日かな??

受験生…頑張れ!!

 

私はここでひっそり記事を書いていますww←

 

 

本日のお題は…?

 

今日は

「自分に素直になって他人を理解しよう!」

です

 

皆様は自分に素直ですか?

なにかに縛られて感情や行動を我慢していませんか?

 

今回は、素直になる大切さ

どうして素直になれないのか

実際に素直になるためにどうしたらいいか

素直になったらどうして他人を理解できるのか

これらについて語っていきます!!

 

 

素直になる大切さ

 

素直って聞くと何を思い浮かべますか?

純粋?子供?…ただのバカ?

色々あると思います。

 

私は

「素敵な人」だと思っています。

…「素」だけにね…w

 

でも素直って一歩間違えれば

嫌われ者なんかになりますよね?

 

思ったことをそのまま言ってしまうこと

この状況ではしてはいけないことをしてしまう

飾り気がなくてつまらない…など

 

マイナスの面が結構あります。

 

でもあえて私はそれを大切だと言いました。

なぜだと思いますか?

 

素直でないことは

「自分を偽る」

ということになるからです。

 

 

自分を偽る

 

 

前回のブログで最後、こんなことをいいました。

「自分を偽れば本当の自分を失う」

(見てない方はこちらへ→友達や恋人に好かれようとすること - 小さなお悩み相談室

 

自分を失うって怖いですよね(-_-;)

自分が本来どういうときにどんな反応をしていたのか

忘れてしまうんです。

 

…このケースは私の経験の中で

本人が末っ子で上の家族(姉や兄)が親を独占していた

親から物事の価値観を植え付けられた人

 

つまり

「生真面目な人」

がこの悩みにぶつかりやすいんです。

 

親が忙しいからいい子になろう

こういう考え方なら親にかわいがられる

 

なんて幼いながらにも感じ、それに適応してきた

これが原因です。

 

でも、生真面目はいいことですけどねw

 

生真面目になると

気を遣いやすくなり、同時に疲れやすくなるんです。

これは、自分を偽って余計に頭を使っているためです

 

では、どうしたら素直になれるか

これから語っていきます。

 

素直になるための3ステップ

 

…なんだろう…この通販のような美容法のような見出しは…

クサい見出しになってしまいましたねww

すみませんww

 

では、語っていきます。

 

ステップ1 自分の価値観を書き出してみる

ステップ2 実際に思ったことを口に出してみる

ステップ3 口に出した想いを本心だと感じること

 

まずは「自分の価値観を書き出してみる」です。

自分がどういうときにどう感じるか

これをなるべくたくさん書き出してみてください。

 

例えば。

音楽を聴くと癒される

ご飯をおなか一杯に食べると幸せだ

金髪に目つきが悪い人は怖い

などなど

なんでもいいんです。

とにかく書き出してみる。

 

それができたらステップ2の

「実際に思ったことを口に出してみる」です。

例えば。

先生「今から校庭10週走ってこい」

「え、やだ。最悪」

などなどw

小さな声でいいんです。

とにかく口で想いを吐き出すことが大切です。

 

そして最後。

「口に出した想いを本心だと感じること」

あぁ、自分こう思うのか…などなど。

自覚することです。

 

行動に出せなくても想いを自分で感じることができれば

十分素直な人です。

 

実践編 他人の考えていることを予測してみよう!

 

素直になれば、おのずと相手がどう思っているのか

きっと見えてくると思います。

 

もちろん、こちらの勝手な思い込みも少しは減ると思います。

なぜか。

「人の顔に表れるから」です。

人の顔に表れたものを素直に感じ取る

これが他人を少しでも理解するということです。

 

…ここから先は行動心理学などの領域になってしまうので

まともな心理学の知識を持っていない私が語ることではないです。

 

でも、少しでも相手を本当にわかりたいのなら…

本屋さんで立ち読みしてかじってみるといいかもしれません

 

最後に

 

人に合わせるなんてことをしていたら

自分が疲れてしまいます。

少しでも「自分はこう思う」と口に出すことで

意外と自分自身についての発見があったり

意外な人と意気投合することもあります。

ぜひ、自分に素直になってください。

 

以上です

読んでくださりありがとうございました!

f:id:tisana:20170115172820j:plain