小さなお悩み相談室

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなお悩み相談室

小さなお悩み相談室、ついに開設しました!

人にフィルターをかけずに接すること

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*どうも!tisanaです!*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

更新が遅くなって申し訳ありません。

学期末恒例ディナー

(課題と試験のお肉、辛めの評価ソース添え)

をたらふく食べていましたww←

 

今月いっぱいは更新がカメさんになってしまうことを

あらかじめご了承ください。

 

 

本日のお題は?

 

 

今日はちょっと変わった内容に挑んでいきます!

「人にフィルターをかけずに接すること」

です。

 

きっと題名読んだ限りではわかりづらいと思います。

 

はい、わざとですw

 

まず、題名の説明をしますね

 

 

人にフィルター?なんだそれ…

 

 

私たちは、友達付き合いや恋愛などで

~さんは優しそうだよね

もうあんなタイプとは付き合わない!

きっとあの人は~な人なんだろうな(経験者は思う)

…なんて聞きますよねww

 

私はこれを「フィルター」と名付けました。

 

つまり、

本人とろくにかかわっていないのに

過去に似たタイプだと思い込み

その思い込みだけで人と接すること

です。

 

カテゴリー分けやタイプ別なんて言い方もいいかもしれませんねw

 

さて。そんなフィルターがどうして悪いのか

どうしてそう思ってしまうのか

 

今回はこれらについて語っていきます。

 

 

どうして人をフィルターを通してみてしまうのか

 

物事は経験を通して学びます。

そして、失敗したことを忘れられません。

なにかを拍子に思い出してしまいます。

 

それが人間関係にも表れるんです。

 

外見や話し方、服装などを見て

こういうタイプは私には苦手

こういう人は~のタイプに多い

などなど…

 

難しく言えば、先入観固定概念です。

 

これは立派な自分を守る術なんですよ?

二度と同じ経験をしないように無意識に自分を守っているんです。

 

しかし、

守るのもいいけどやっぱり人は十人十色

それぞれの性格があるからそれをきちんと見てあげよう

 

そう私は思うんです。

 

 

フィルターを外して見てみる

 

例えば!

あなたの目の前に

 

 

f:id:tisana:20170112234628j:plain

 

こんなヤンキーがいたとします。

(ヤンキーの皆様、すみません)

 

きっとあなたは関わりたくないと思って

避けて通りたいと思いますよね?

 

これは自分を守っている先入観や固定概念です。

(髪をとんがらせている、金髪、顔に傷跡、目つきが悪いなど)

 

しかし

その人がこっちにいきなり近づいてきて

あなたが落としたものを拾ってくれたとします。

 

「案外、見た目によらずいい人だったな」

 

きっとこう考えると思います。

 

こうしたことです。

 

先入観や固定概念で決めつけては

その人が本当はどんな人かわからないですよね?

意外といいやつなのか

思ったより悪いやつなのか

どう思ったかはどうでもいいんです

 

とにかく、人を決めつけないことが大切なんです。

 

そこから、あなたの人を見る経験が変わると思います。

 

 

どうやってフィルターを外すの?

 

では、本題です。

どうやってフィルターを外すか。

 

それは

「話しかけてみること」

です。

 

心の中では十分偏見があってもいいです。

ちょっと怖がっててもいいんです。

とりあえず話しかけてみてください

 

挨拶でもいいので

 

そこから判断してみてください。

また、人見知りな人の場合もあるので

一度だけで思い込まないでくださいね!

 

今日はここまでにします。

読んでくださりありがとうございました!